2018年7月9日月曜日

2018年・第5回・油壺・2018/07/08(日)釣行

日時:2018/07/08(日)

場所:油壺
天気:晴れ、南の風
潮回り:小潮(干潮から満潮)
釣果(持ち帰り):マルソウダ x3
釣果(リリース):マルソウダたくさん


釣行時のボートの軌跡↓
https://maps.deepersonar.com/#share-524b6048-20aa-410b-a5fc-65f181a7cfa2

小鯖とソウダガツオ、の巻。

晩ごはんは中華屋さんに行くことになっているので、早上がり&お持ち帰り控えめの条件で行ってきました、油壺。
カワハギ釣りに手をだすとお持ち帰りしたくなるので、今回はエギ&マダイ狙いです。

5:03 家を出ます。ちょっぴり寝坊です。6番目くらい。ボートが残っててよかった。ポールポジションにはこっとんさんとiOSさんがいらっしゃいました。


7:05 岸払い。

今回からDeeperにスタビライザーをつけてみました。
といってもタダの柔らかいクッションを削ってはめただけですが。
ボートを早めに漕ぐとDeeperが斜めになって水深が深めに表示されるのが気になったのですが、これでかなり改善しました。


ベタ凪かと思いきや湾の外にでると思いのほか風があります。しかもやりづらい南風。
いつも通りマリンパーク下の浅場でエギを投げ投げするも反応なく。
他のボートが湾口でアオリをかけてるのを見たので、
まだアオリはいるんだろうけど次に出撃するときまでいるかな。


沖にでる途中すごいナブラが立ちました。魚探にも魚影がみっちり。


ナブラの正体は小サバ&ソーダガツオ、という嬉しくない組み合わせでしたが、ナブラに遭遇するとテンション上がります。

8:42 水深30メートル付近。ここではいいところ何もなく。


9:47 ちょっとだけ浅めの水深26メートル付近。これが失敗でした。浅いところの方が小サバ攻撃がひどかった。


9:55 いいアタリが出たのですが、残念、マルソウダでした。

この後も場所を変えましたが、どこにいっても小サバ&マルソウダ。
針をまるごと飲まれた3匹をお持ち帰り。残りはリリースしました。

12時前にコマセが切れて早上がり。
ボーズでもいい、というときはのんびりできて、なかなか楽しかったです。


まとめ
 ・夏までにもう一度いけるかな?
 ・マルソウダの南蛮漬け、ウマー

2018年6月4日月曜日

2018年・第4回・油壺・2018/06/03(日)

日時:2018/06/03(日)
場所:油壺
天気:晴れ、凪、のち南の風
潮回り:中潮(満潮から干潮)
釣果(持ち帰り):カワハギx4、チャリコx1、
釣果(リリース):カワハギ(小)

釣行時のボートの軌跡↓
https://maps.deepersonar.com/#share-5edb62bf-2789-422f-95b1-230a20189d8b

相変わらずフグ多し、の巻。

二週連続です。油壺。

4:59 家を出ます。


6:50 岸払い。なんだか濁ってます。

湾口ではベイトフィッシュがたくさん表層を泳いでます。なんだろう。片口いわしではないっぽい。5cmくらいの小魚です。

いつも通りマリンパーク下の浅場でエギを投げ投げするも反応なく。
いい場所にアンカリングしたつもりだけど、そこで釣れないなら仕方ないかな。

9:03 定置網の岸に近い側水深18メートル。全くなんの反応もなく。エサ取りもカワハギも不在のようなので場所移動

9:28 水深28メートル。潮はまったく流れず。

9:43 カワハギだけは反応を返してくれます。

10:53 フグがよってしまって針が頻繁になくなるのでもう一度移動。水深34メートル。
結局、終始潮が流れることはなく、いいところなく終了。

なんと前回とまったく同じ釣果。一回で食べきる量なので実はちょうどいいくらい。


まとめ
 ・夏までにもう一度いけるといいな

2018年5月28日月曜日

2018年・第3回・油壺・2018/05/27(日)

日時:2018/05/27(日)
場所:油壺
天気:晴れ、北の風、凪、のち南の風
潮回り:若潮(満潮から干潮)
釣果(持ち帰り):カワハギx4、チャリコx1、
釣果(リリース):カワハギ(小)

釣行時のボートの軌跡↓
https://maps.deepersonar.com/#share-1bcb672a-bacc-4027-9b23-af9d67b3f697

フグの攻撃力に負けた、の巻。

スマホをモニターとして使う魚探Deeperを使っているのですが、ベータテスターになったのを機に専用のスマホを買いました。
Ulefone社のArmor2という防水防塵のスマホで、ケースもフィルムも何も付けずに素のままで使えるのが楽ちんです。
早速使いたくて行ってきました、油壺。

4:54 家を出ます。既に明るいです。この時期はこのくらいがちょうどいいかな。


なんか前日に5.5Kgのブリ釣れてる・・・
いいなぁブリ。「ブリ釣った」とか一生に一度は言ってみたい。


6:50 岸払い。


新しいスマホの魚探画面。
Nexus7に比べるとだいぶ小さく感じる。水深の文字フォントはもっと大きくしてほしいな。


マリンパーク下の浅場でエギを投げ投げするも反応なく。
網を入れていた漁師さんも「今年はアオリが全然いない」と言ってました。
網にもかからないんだから少ないんでしょうね。
エギは早めに切り上げて沖にでます。

8:59 定置網の北側水深33メートル。ビシ仕掛けにエサ取りが激しい。


テンヤ+ワームを落とすと速攻でボロボロに。ここまで食われるとは。


こりゃだめだ〜、と移動。移動先にもまたフグが。魚探の反応に頼っちゃだめだな。映ってるのフグだし。


11:54 マリンパーク下の水深26メートルあたり。南よりの風に変わって潮の流れもかっとび始めてボートが少しづつ流されます。


12:21 チャリコ。針を飲まれたので頂きました。


まとめ
 ・フグの猛攻がすごかった
 ・釣れなかったけど気持ちのいい一日だった

2018年5月2日水曜日

2018年・第2回・油壺・2018/05/01(火)

日時:2018/05/01(火)
場所:油壺
天気:晴れ、北寄りの風、のち凪、のち南西の風
潮回り:大潮
釣果(持ち帰り):イカx1、真鯛x2、カワハギx3
釣果(リリース):カワハギ(小)、ハタ(小)

釣行時のボートの軌跡↓
(途中のデータが欠損していて、ちょっとおかしい)
https://maps.deepersonar.com/#share-3a6ab03e-cdd3-4db0-b763-31c2236cd425

活性高かった、の巻。

会社が9連休を強制するので谷間になっている平日に行ってきました、油壺。
アオリの時期になってきたので探りたいのと、オーバルテンヤ+ワームの組み合わせをもっと試したいな、と。

(カメラの時計が狂ってて時間がわからない・・・)

4:50 家を出ます。既に明るいです。連休なので早めに出ましたがよく考えたら平日なのでこんなに早くでることなかったな。


7時過ぎに岸払い。


今回もDeeperの海底地図作りのためにわざわざ大回りしていきます。
湾の中に生簀があるので、その近辺でテンヤ+ワームを落として探ってみます。

7時30頃 ハタ。小さいのでリリース。


湾内にはイワシの群れが入っているもののあまり濃い群れではなく、すぐに通り過ぎてしまいます。
魚探で群れを見つけてからサビキを落としても間に合わず。
コマセで足止めすればよかったかな。

マリンパーク下に移動してエギを投げ投げ。

9時頃 イカ。1kgあるかないか。足一本でかかってたので取り込みは慎重に。特にこういうときはスミ爆弾をぶつけられやすい。


何度か場所を変えて探ってみるものの、わりと風があって風下しか探れず、効率が悪いので適当に切り上げて移動します。

10時頃。定置網の入り口付近、水深23mに移動。


10時15分頃。カワハギ。ビシ竿にエサ取りが多いので、カワハギ仕掛けを落としたら一発で来ました。


10時17分頃。ビシにアタリがでました。30cmちょっとの大チャリコ。


それからアタリが遠のいたので大きく移動。

11時頃 水深33m付近。


いい場所だと思ったのですがビシにもカワハギ仕掛けにも反応がなく再移動。

11時30分頃。水深31mの定置網付近。


11時45分頃。大チャリコ。


午後になって南西の風が強くなってきたので、カワハギを追釣してから早々に撤収。


まとめ
 ・久しぶりのアオリはうまかったし、マダイも、カワハギもうまかった
 ・でも新鮮なイワシが食べたい・・・

2018年3月27日火曜日

2018年・第1回・油壺・2018/03/25(日)

日時:2018/03/24(日)
場所:油壺
天気:晴れ、北寄りの風、のち凪、のち南寄りの風
潮回り:小潮(満潮前後)
釣果(持ち帰り):ホウボウx1、真鯛x1、カワハギx3
釣果(リリース):ちびカワハギ

釣行時のボートの軌跡↓
https://maps.deepersonar.com/#share-324a0003-79fc-43c8-8713-15d35300e343

テンヤでホウボウが釣れた、の巻。

2018年最初の釣行です。

エコギアのオーバルテンヤと熟成アクア・スイムシュリンプを用意しまして、マダイにホウボウ、あわよくばヒラメなんぞを狙おうかと。

5:03 家を出ます。徐々に日の出が早くなってますが、さすがにこの時間はまだ暗いです。


列の3番目。私の前にはiOSさん、ぴー太郎さんがいらっしゃいました。なんだか油壺のお魚を乱獲されそうな予感w

6:49 岸払い。


今回もDeeperの海底地図作りのためにわざわざ大回りしていきます。

7:27


湾内にイワシが入り始めた、とお兄さんが言ってましたが、確かに魚探に濃い反応がでています。
サビキ仕掛けを落としてみますが、どういうわけか反応がありません。
イワシ、食べたかったのに。

湾の外にでると意外と風があります。
念のためエギでイカを狙いたいのですが、すぐにボートが流されてしまうので、マリンパーク下の水深10メートル付近にアンカーを落としました。
エギを投げ投げ

シーン

エギをチェンジして投げ投げ

シーン

まだ時期尚早のようで。

そうそうに見切りをつけて移動しようと思ったらアンカーが根掛かり・・・
風上に漕いで外そうと試みましたが、やっぱり無理。
お兄さんにレスキューをお願いしてしまいました。ご迷惑おかけしました。

8:38 アンカーを外して颯爽と立ち去るお兄さん


沖に出る道すがら、テンヤ+ワームを落としてみると、一発でアタリがでました。

8:46 ホウボウ。30cmちょっと。


これはテンション上がります。
何度かテンヤを落としてみますが、ラッキー安打だったようで、その後アタリがでることはありませんでした。

9:24 魚探に反応があるので、水深25mのところにアンカリングしましたが、まったく無反応。即見切りをつけて移動です。


10:02 水深31メートル付近。


10:16 小さめのカワハギさん。


10:24 ビシ竿を落としたら即、アタリがでました。約30cmのマダイでした。


ビシでアタリがでないので、NSも試したものの、潮が速すぎて仕掛けが流れるだけのような。
カワハギさんを追釣しておしまい。


まとめ
 ・マダイ釣ったの何年ぶりだろ。ちょっと感動した。
 ・移動するついでにテンヤを落とすのは、なかなか効率が良くていいかも。